ようこそ、日積観光ぶどう園「瀬戸の太陽」へ

ぶどう園作成奮闘記

ぶどう園作成奮闘記

このぺーじは、主としてぶどう棚の作成とぶどう育成の記録です。私もいろいろなホームページを参考にさせてもらいましたので、私の経験も何か参考になればと思い紹介するものです。

  • ぶどう園入手までの経緯
     当初、私はマンゴー園を目指して勉強していました。鹿児島の福元農園、安田農園、沖縄の野原農園には一方ならぬお世話になりました。また、柳井市の農林課と田布施農林事務所には、マンゴー園経営の可能性検討段階から親身なアドバイスをいただき感謝しています。

ただ残念ながら、山口県の柳井市周辺では農地の確保が困難でした。それに柳井市周辺の、冬場の晴天率が高いことはメリットだけでなく、朝方の放射冷却による冷え込みが厳しく、当時高騰していた鋼材や原油の価格がハウス作成と経営を困難にしていました。

結果的にマンゴー園を断念し、第2希望であったぶどうへと方向転換しました。田布施農林事務所に日積の上田ぶどう園を紹介してもらい訪ねて相談したところ、10年近くぶどうの栽培を止めておられた方からぶどう園跡地を譲ってもらうことで、とんとん拍子に話が進み、念願の畑を手にすることができました。
マンゴーはこのように生っています。

  • 入手時のぶどう園
    入手時のぶどう園は、ぶどうの木を切られ更地状態でした。また、なし園が併設されていたのですが、そこも梨の木が切られ更地状態となっていました。
    前の持ち主がきれいに管理されていました。 

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional